バッテリー用語

CCA

CCA (Cold Cranking Ampere)とは、コールド・クランキング・アンペアの略で、そのバッテリーにエンジンを始動させる能力がどれだけあるかを測る性能基準値です。新品のバッテリーは、バッテリーに記載されたCCA値の性能をほぼ保持していますが、充放電の繰り返しや時間経過により、バッテリーは劣化(サルフェーション等)して本来の性能を発揮できなくなります。その分CCAの実測値も低下していきます。つまり、劣化バッテリーのCCA値を測定すれば、そのバッテリーが何%くらい劣化しているかが分かります。
実測CCA値 ÷ 基準CCA値×100 =劣化%

規格 CCA定義 規格の主な使用国
JIS -18℃の環境で放電、30秒後7.2Vとなる電流値 日本
SAE アメリカ
BCI アメリカ
EN -18℃の環境で放電、10秒後7.5Vとなる電流値 EU
DIN ドイツ
MCA 0℃の環境で放電、30秒後7.2Vとなる電流値
バッテリーテスター&アナライザーDHC-DS
正確なバッテリー診断を必要とする全てのプロに。バッテリーテスター&システムアナライザーDHC-DS JAPAN

いまさら聞けないバッテリー用語・業界用語